自己紹介:バックパックで50か国回った話

私は過去にバックパックで50か国近くの国を回りました☆
でも、その話をすると、皆に驚かれます。

なんで行ったの!?とも聞かれます。

私はただ、見たことないものを理由なく信じたくなかったです☆

学生当時に行った国で一番印象的だったのがロシアでした。
行く前に色んな友達が「ロシアは危ない、やめた方がいい」と言ってきました。

でも、そう言って来る人の中で、ロシアに行った事ある友達は、誰一人としていなかったのでした。

私は、ロシアからウクライナに抜けて、旧共産圏(旧ユーゴ、バルカン半島、ウズベキスタン、マケドニア、セルビア等)を一人で回ったり、アラスカに海外ボランティアに出かけたり、イスラエルとかシリア(内戦が始まる前のシリア)とかレバノンに出かけたりもしました。

この経験は、私に、
「あらゆることに対して固定観念を一旦抜いて考えることが大事」
ということを教えてくれました。

行った国の数とか、どんな国に行ったか、とか、行ったからいいとかじゃなく、私が行った事で学んだことはそれでした。

「どんなに世間で貧しいと言われている国にも、心が豊かな人や、素敵な人もいる。もちろんだまそうとしてくる人もいるけど」

という事を、体験をもって学びました。
人生の、大きな宝です!色んな人、いろんなものに対して固定観念を持たずに接すると、たくさんのことが分かりました。

もっともっと、色んな事を知りたいです☆

ABOUTこの記事をかいた人

コスプレイヤー兼エコノミスト、元ファンドマネジャー。 10年国内外の金融機関で機関投資家として勤務しNY本社でも一時期働くが、17年続けたコスプレで世界に出たことがきっかけで、今は40歳の女装男子さんをモデルとしたコスプレ系お洋服ブランドを立上げ。50か国一人旅をし、ロシア語インドネシア語も覚えた。絶対音感持ちの作曲家でもあり自由人。投稿記事のコスプレ写真は私の過去作品です☆