自己紹介:絶対音感について

私は絶対音感があります。
でも、正直、あまり人生で大きく役立ってはいないです。

音楽アーティストさんとかには、この絶対音感を凄く羨ましがられます。

でも、私自身は、音が分かるだけなので、逆に、時々、音が分かりすぎて具合が悪くなります。
TVに出ているアーティストさんの歌も、少し音を外しただけですぐに分かってしまって、純粋に音楽が楽しめないです。。

私が絶対音感を持っているのを自覚したのは小学校の時です。
学校にあるピアノで、休み時間にCMの曲を皆の前で即興で演奏していたら、クラスの皆が、
「すご~~い!!ひかりちゃん、どうして、音が分かるの!?」
とびっくりしていて、その時に、世界の音が分かるのが特殊能力だったんだ…と気づいて今に至ります。

音が分かるので、なんでも音符に出来ます☆
高校の頃はその能力を生かして、耳コピで、あらゆる音楽をコンピュータに打ち込んで、MIDI音楽のDTM打ち込みもしていました。

その時に作った曲をいっぱい入れたHPが↓です、
*私の音楽HP*

絶対音感を持っていて良かったと思う事は、音に敏感なので、耳から言語を覚える能力が異常に高い事です。
おかげで、英語も、海外滞在歴の割には全然しゃべれますし、他にもロシア語とインドネシア語もできます☆

私が一番好きな音楽はクラシック音楽です☆
クラシック音楽の良さについては、また別の機会にお伝えさせてください!

クラシック音楽のコンサートにもっともっと行きたいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

コスプレイヤー兼エコノミスト、元ファンドマネジャー。 10年国内外の金融機関で機関投資家として勤務しNY本社でも一時期働くが、17年続けたコスプレで世界に出たことがきっかけで、今は40歳の女装男子さんをモデルとしたコスプレ系お洋服ブランドを立上げ。50か国一人旅をし、ロシア語インドネシア語も覚えた。絶対音感持ちの作曲家でもあり自由人。投稿記事のコスプレ写真は私の過去作品です☆