バックパッカー旅行記:ウクライナ(2007)

ウクライナです☆ロシアから来て、キエフとリヴォフに行きました。ウクライナへはロシアのモスクワから国境を越えて向かいました。
夜行列車に乗ったのですが、アジア人の女の子一人と言うのが何かスパイっぽくて怪しかったのか、乗り場ではロシア人の警官に囲まれて尋問を受けました;;
夜行列車の中では4人乗りのコンパートメントだったのですが、ロシア人の女の子2人とウクライナ人の女の子と一緒になりました。皆私と年が近く英語が話せなかったのですが、私がロシア語で「ロシア語カタコトだけど、一人旅デス」と言ったりして現地仕込の変なロシア語を色々話したら、「最高!」って言って盛り上がってくれました☆
その後ウォッカでの酒盛りが始まりました!!皆酒強すぎた。私結構お酒には自信があったけど、ウォッカ何倍も一気飲み…とかはさすがに無理でした;;
夜中に国境でパスポートチェックがあった時にまた警官が私だけ尋問しようとしてきましたが、一緒にウォッカを飲んだ彼女達が代わりに対応して助けてくれました(涙)ありがとう…!
From Moscow, I went there by night train, but the Russian police feel suspect to me cos I was alone and Asian girl(Maybe they suppose I am a spy…omg) so I was taken a time to hav an examination by the police -_-;
On the train, I was with two Russian girl and one Ukrinan girl on the compartment, and they cannot speak English.
But I use my poor Russian and said “I am tourist and my Russian is poor, but I came here alone”, they all finally said “Great!!” and had vodka togather to make a friendship. But they were tooooooo strong and I couldn’t keep up with them….I am also strong among the Japanese though…….
The polices came again to check our passport when the train crossed the border, and they felt suspect to me again and try to ask a lot to me, but other girls who had an alchol togather helped me a lot then….thanx indeed ;A;

キエフの地下鉄は激混みでした。あと、どう見ても空室が沢山あるであろう中心街の広場のホテルを回って、ロシア語で「部屋ある?」って聞いたら、どこも「ないよ」って言ってたのが不思議だった。。。
夕方広場の地下モールを見て帰ろうとしたらウクライナ人の男の子たちに「ニホンジーン!!!」とか言われて追っかけられました;;あわわわわ;;
しかも、すごく店員が無愛想なお店で夕飯のサラダを買ったら、何かが良くなかったのか次の朝盛大にお腹を壊しました…一人だったから辛かった(涙)でも何とか胃薬を飲んで、リヴォフへの電車に乗りました!!
It was too much crowded on the subway of Kiev. And the hotels in the square, I asked “You hav a vacant room?” in Russian, they said “No” almost all….but these hotels looked not full then, so I don’t know why;;
And on the evening when I went to big shopping mall by the central subway station, suddenly a boy talked to me in Japanese and chased me for a moment….his behaviour was strange and it was too scary for me.
Furthermore, I broke my stomach by dinner, I bought that on the fastfood shop and the saleswoman was so unsociable unfortunately >_< anyway I left Kiev having madicine for stomachache went to Lvov by train.

リヴォフは素敵なウクライナの田舎町という感じだった。
まず、駅から中心街へのチンチン電車が片道5円と言う過去最安値だった。この町の中心街には綺麗な劇場がありました。あと、薬品博物館と言うのが有名らしく、万病に効く面白いドリンクが売ってたので買いました☆
あと、山があって、そこから町を一望できたので、朝早く起きて山にも登った。
Lvov was a kind of countryside of Ukrine.
The fee for the train was really cheap, one way cost 5 yen….it was cheapest for me ever.
And I saw also beautiful theater, and also went to the medicare museam (I heard it is popular among here) and bought a drink it is a kind of panacea ^^
And also I went to the hill to see panorama of the Lvov city.

あと、この国ではCDも買いました、私が音楽が大好きなので…!!
CDショップに入って店員さんに一緒に探してもらった。視聴もさせてもらいました☆有名な男性シンガーのCDを買ったけど、凄く素敵な曲で驚いた。
ウクライナはとにかく料理が美味しかった。あと、民族服が可愛かった。
チェルノブイリとかも時間があったら見てみたかった。「行って身体被害があっても責任は持ちません」という注意があったのが怖かったけど…。
Also dishes are awesome in Ukrine. And traditional clothes are really cute.
Actually also I wanna go to Chernobyl, but there are notice that “We cannot take some responsible even if you got something bad for your health by going there, Chernobyl”, though.

そして、リヴォフから夜行列車に乗ってハンガリーへ向かいました☆
And I went to Hungary, by night train from Lvov!

Mar, 2007

ABOUTこの記事をかいた人

約10年間国内外の金融機関で機関投資家としてファンドマネジャーの仕事に従事。2015年にNY本社での勤務も経験。 その傍ら15年以上コスプレイヤーとして活動し、200着以上の衣装を自作。学生時代にロシアやイスラエル等の比較的未知の国を中心に世界40ヶ国近くをバックパックで一人旅し絶対音感で現地語を日常会話レベルまで覚えた経験を活かし、今ではコスプレイヤーとしても世界10ヶ国以上のコスプレイベントに出向いている。自由に生きる経営者。 >>お仕事等のお問い合わせは各種DM or Mailformよりお願いします。