留学記:イギリス(2004)

イギリスは大学時代に留学で出かけた。2004年の事だったと思う。

1ポンド=240円近くとなっており、何をするにもお金がかかる時期であった。
当時は大学の交換留学でケンブリッジ大学のダウンニングカレッジに留学していた。※バックパッカー時代とその後のコスプレイヤー時代に行った海外についてのレボートで、行ったのは主に大体2004年~2012年の間です。
遺跡や観光地よりも「その国の日常や、人々に関わること」に興味津々な観点から世界を巡りました、少しでも参考になれば嬉しいです。

あまり長い期間の留学ではなかったものの、現地の授業を受けたり、論文を書いたりし、非常に為になった。

休日にはロンドンや周辺まで出向いて様々な観光地へと出かけた。

ロンドンのハーマジェスティン劇場でオペラ座の怪人を観劇したり、アフターヌーンテイを堪能したりした。
また、ヨーク、ウェールズ、ウインブルドンやリツチモンド等の周辺都市にも出かけたことを覚えている。
ちなみに向こうで味のついていないポテト料理をさんざん食べたことも良く覚えている。

景色が綺麗で、当時はサイクリングでどこかに出かけては、ひたすら写真を撮っていた覚えもある。
ケンブリッジ大学では、教職員しか入れない特別な芝生があった事が非常に印象的であった。。。

ABOUTこの記事をかいた人

約10年間国内外の金融機関で機関投資家としてファンドマネジャーの仕事に従事。2015年にNY本社での勤務も経験。 その傍ら15年以上コスプレイヤーとして活動し、200着以上の衣装を自作。学生時代にロシアやイスラエル等の比較的未知の国を中心に世界40ヶ国近くをバックパックで一人旅し絶対音感で現地語を日常会話レベルまで覚えた経験を活かし、今ではコスプレイヤーとしても世界10ヶ国以上のコスプレイベントに出向いている。自由に生きる経営者。 >>お仕事等のお問い合わせは各種DM or Mailformよりお願いします。